無料
エロ
動画
堺風俗情報 堺風俗検索 堺 風俗 エロ 情報 は堺風俗店のお店情報、風俗嬢のエロ女の子情報等 満載
お笑い評論家・ラリー遠田の2009年「お笑いシーン総決算」!
2009年12月31日(木) 22:20
2009年もそろそろ終わりを迎えようとしている。政権交代で政界も揺れている中で、お笑いの世界でもさまざまな動きがあった。今年のテレビお笑い界の主な出来事を振り返ってまとめておきたい。

●M-1、R-1からKOC、S-1まで、お笑い賞レースが大ブームに

 M-1の成功に続けとばかりに、今年もさまざまなお笑い賞レースが開催された。2月に行われたピン芸人日本一を決める「R-1ぐらんぷり」では、中山功太が優勝。関西を拠点に活動している彼は、いまだに全国区でのブレイクは果たしていないが、バカリズム、エハラマサヒロ、鳥居みゆきといった強豪を抑えて、知られざる実力を見せつけた。

 3月には、ソフトバンクモバイルが主催するお笑い映像コンテスト「S-1バトル」がスタート。携帯用の短い動画を作るだけで毎月賞金1000万円が贈呈されるというシステムには否定的な意見も多く、世間の注目度もあまり高くない。1年が終わった段階で行われるという「年間チャンピオン大会」が、具体的にどういう内容のイベントになるのかも気になるところだ。

 9月には、コントの大会「オロナミンCキングオブコント」で東京03が優勝。12月に行われた漫才コンテスト「オートバックスM-1グランプリ」ではパンクブーブーが優勝。彼らはいずれも、業界内ではその実力を高く買われていながら、今ひとつ世間には認知されていなかった芸人である。そんな彼らが、激闘を制してようやく日の目を見ることになった。

●オードリーの歴史的ブレイク

 今年を象徴する芸人といえば、社会現象と呼ばれるほどの劇的な大ブレイクを経験したオードリーだろう。2008年末のM-1で準優勝を成し遂げたのをきっかけに人気が爆発。春日の不気味な外見、自信満々なキャラ、節約家の一面などが脚光を浴び、一躍時の人となった。

 その後は、相方の若林がトーク力を評価されて『すべらない話』(フジテレビ系)『アメトーーク』(テレビ朝日系)などでも活躍。いじられキャラの春日、人見知りキャラの若林という2人の個性が、バラエティの世界ではすっかり認知された感がある。それぞれが独自の色を持ち、マニアックなお笑いファンから若い女子中高生まで、幅広い層を引きつける魅力を備えている。『笑っていいとも!』(フジテレビ系)『オールナイトニッポン』(ニッポン放送)のレギュラーも決まり、地盤を固めた彼らは、2010年もこのまま順調に走っていくことだろう。

●時代の流れに乗ったアラフォー女性芸人、ものまね芸人

 レオタード姿で自虐ネタを明るく披露するいとうあさこ、カルト芸人集団・キュートンを率いる椿鬼奴といったアラフォー女性芸人が脚光を浴びたのも印象的だった。彼女たちに共通しているのは、育ちの良さと芸歴の長さがかもし出す妙な落ち着きだ。四十にして惑わず。不惑のアラフォー女性芸人は、突き抜けたキャラクターで新しい女性の生き方を提示しているのかもしれない。

 また、マイケル・ジャクソンのものまねで知られるマイコーりょう、鳩山由紀夫首相のものまねで知られる鳩山来留夫も話題を集めた。特に、日本の歌謡曲をマイケル風にアレンジして歌い踊るマイコーりょうの持ちネタは絶品である。

●アンタッチャブル、ブラマヨの台頭

 もともと売れっ子ではあるが、今年に入ってからますます勢いを増した印象があるのは、アンタッチャブルとブラックマヨネーズの2組。アンタッチャブルは、『アメトーーク』の「後輩の山崎に憧れてる芸人」という企画で、山崎のいい加減キャラの魅力が引き出されたのが転機になった。それと同時期に、相方の柴田も動物好きを売りにして活動の場を広げていった。

 ブラックマヨネーズは、今年に入ってから吉田のひがみ芸と小杉のツッコミにもさらに磨きがかかり、どんな体勢からでも打ち返す臨機応変な対応力が光っていた。アンタッチャブルとブラマヨは、それぞれがM-1チャンピオンであり、漫才の実力は折り紙付き。彼らは、漫才で鍛えた掛け合いのテクニックをバラエティの世界に応用して快進撃を続けているのだ。

●2010年のお笑い界はどうなる?

 いわゆる「お笑いブーム」が2010年以降も続くかどうかはわからない。ただ、テレビの制作費が削減され、ギャラの安い若手芸人が重宝されている現状を「お笑いブーム」と呼んでいいのなら、それは間違いなく今後も続くだろう。

 この10年のうちに、お笑いは一過性のブームを超えて、私たちの日常にすっかり定着した感がある。次の10年で、テレビを含むメディア環境が激変したとしても、お笑い文化そのものはきっとしぶとく生き延びているのではないだろうか。
今年1番輝いていた女性著名人
2009年12月31日(木) 22:10
あの女性タレントが、実力派アーティスト・女優を押さえて第1位に! 働く女子に聞く「今年1番輝いていた女性著名人」ランキング

今年も、俳優・タレント・スポーツ選手など、さまざまな分野で女性著名人が活躍しましたね。今年最後のランキングは、20代女子が選ぶ「1番輝いていた女性著名人」。2009年に一番活躍したのは、なんと「あの人」でした!


 ●第1位/珍獣ハンターとして大ブレイク。チャリティーマラソンを完走した「イモトアヤコ」さん……22.0%
 ○第2位/国民的俳優と電撃結婚! 病気と闘いながら歌を歌い続けた「絢香」さん……18.3%
 ●第3位/主演映画が大ヒット! CMや雑誌でもひっぱりだこの「綾瀬はるか」さん……14.7%
 ○第4位/17年の選手生活をダブルス準優勝で飾ったテニスプレーヤー「杉山愛」さん……14.3%
 ●第5位/日本のフィギュア界をしょって立つ19歳。3回転半ジャンプがすばらしい「浅田真央」さん……11.7%
 ○第6位/彼女をTVで見ない日はない!? CM界の女王「上戸彩」さん……5.7%
 ●第7位/経済評論家としてたくさんのメディアで大活躍。働く女性の憧れ「勝間和代」さん……4.7%
 ○第8位/コラボ商品が大人気! “経済効果100億円”のカリスマギャル「益若つばさ」さん……4.0%
 ●第8位/モデル、映画主演と大活躍! 「佐々木希」さん……4.0%
 ○第10位/陸上の世界選手権女子マラソンで銀メダルを獲得した「尾崎好美」さん……0.7%

ベストアルバムの売れ行きも好調な「絢香」さんが18.3%で第2位に。今年限りで歌手活動を休止するのは悔やまれますが、いつか戻ってきてくれることを信じてこれからも応援したいですね。
第3位には映画にドラマにCMにと大忙しの「綾瀬はるか」さんが14.7%でランクイン。仕事に取り組む姿勢への評価が高いことでも有名です。来年もきっと活躍してくれるでしょう!
スポーツ界も負けてはいません。第4位には素晴らしい成績で選手生活を締めくくった「杉山愛」さんが、第5位には、ますます技術と表現力に磨きがかかった「浅田真央」さんがそれぞれランクインしています。
そんな中、なんと22.0%で第1位になったのは珍獣ハンター「イモトアヤコ」さんでした! チャリティーマラソンで126.585kmもの距離を完走したことは記憶に新しいですね。バレーボールのワールドグランドチャンピオンズカップの応援スペシャルサポーターにも就任し、来年、ますます活躍しそうな芸人さんです。
こうして女性が活躍しているのを見ると、自分も頑張ろうという気になってきませんか? 来年はどんな人が活躍するのでしょうか!? 彼女たちに負けないように、来年も日々自分を磨いていきましょう!
<子ども手当>11市「地方負担応じぬ」…東海70市を調査
2009年12月26日(土) 11:57
10年度から実施される子ども手当の一部を地方自治体が負担することについて、毎日新聞は24、25両日、東海3県の70市にアンケートを実施した。回答した67市のうち8割近い53市が反対し、うち11市は「負担に応じない」と答えた。「負担に応じる」とした27市も「住民が不利益を被るから」などの理由からで、「二枚舌政策だ」と政権を厳しく批判する自治体もあった。【まとめ・山田一晶】

 回収率は95.7%。地方負担に「やむを得ない」と理解を示したのは愛知県東海市、岐阜市、津市など8市。「厳しい財政下での暫定措置だから」(愛知県安城市)などの理由からだった。

 一方、「反対」と答えた自治体が指摘したのは(1)民主党のマニフェスト(政権公約)に反する(2)政権が掲げる地方主権の理念に反する(3)子ども手当と児童手当の併存で自治体の事務がさらに煩雑になる−−などの理由。全額国庫負担を前提に来年度の予算編成に入っていた自治体も少なくなく、地方との事前協議がないままの決着に怒りをあらわにする回答もあった。

 中でも、「市民に渡る手当の額が減っても負担には応じない」と宣言していた三重県松阪市の山中光茂市長は25日、記者会見し「全国の首長と連携して闘う」などと強調。同市はアンケートへの回答でも「財源が足りないからと地方に押し付けるのは詐欺だ」と強い不満を示した。

 ただ、地方負担に反対であっても「具体的な対応策がない」(愛知県西尾市)、「法律で決められれば応じざるを得ない」(同県愛西市)などと打つ手がないのが実情。「負担に応じない」とした11市も、最後は折れざるを得ないとみられる。

 民主政権に対し「期待が大きかっただけに失望も大きい」(安城市)、「もう少し定見を持ってほしい。独断すぎる」(岐阜県美濃市)、「マニフェストの実現だけでなく、市町村をもっと大事にすべきだ」(同県可児市)などと指摘する自治体もあった。
小池栄子夫妻の本当の夫婦仲
2009年12月25日(金) 00:24
先日、一部で夫でプロレスラーの坂田亘の借金問題が原因での離婚危機が報じられた小池栄子ですが、坂田、小池の両サイドが離婚を否定し、その後、続報はなし。すぐに離婚とはならないようですが、本当の夫婦仲はどうなのか気になっていたら、あるエピソードを入手しました。

 「坂田が新婚当初、関係者と一緒に都内のキャバクラで飲んでいるところにたまたま居合わせた。そこで、驚くべき光景をみてしまった」(テレビ関係者)
 新婚当初からキャバクラ通いとは、見た目が“肉食系”のイメージにピッタリの坂田ですが、ある人から電話がかかってきたというのです。
 「突然、電話で誰かとケンカし始めて、『今、●●(店名)にいるんだよ!』と乱暴に電話を切った。電話の相手は小池だったようで、そりゃあ、キャバクラにいたら怒るのは当たり前。ところが、しばらくしてスタイルのいい長身の女性が店に入って来たので、店の女の子かと思ったら、なんと小池。そのうち、坂田に付いているホステスそっちのけで2人でいちゃつきだした」(同)

 キャバクラ通いの夫にキレるどころか、お店に乗り込んでくるとはさすが小池ですが、珍しいことではないようです。
 「小池はかなりのヤキモチを焼きで、キャバクラだろうが、高級クラブだろうが、坂田がいる店に乗り込んで一緒にのむことが日常茶飯事。あれじゃ、坂田はせっかくそういう店に行ってもまったく楽しめないはず。普通の男性だったら、24時間監視されているようで疲れてしまう」(週刊誌記者)

 どうやら、小池が坂田にべた惚れのようですから、坂田の借金問題ぐらいで離婚はしないでしょう。ただ、小池の周辺も騒がしいようで…続きはまた次回で。
田中美佐子50歳キスに「申し訳なくて」
2009年12月20日(日) 03:10
俳優坂口憲二(34)が17日、主演するNHKドラマ「君たちに明日はない」(1月16日スタート、土曜午後9時)の会見に出席し、共演の田中美佐子(50)とのキスシーンに「緊張しました」と語った。
ひたすら運動するシーンが見られる!?
2009年12月10日(木) 14:31
スカパー!(エンタ!371)『彩とあこのエプロンディナー 』などに出演しているいとうあこさんが、DVD『すぽ魂!』(オルスタックピクチャーズ)の発売記念イベントを開いた。



銀座がデフレで「ユニクロ化」“ファストファッション”席巻 -
2009年12月08日(火) 02:54
 高級ブランド店が集まる街として知られる東京・銀座がデフレで「ユニクロ化」している。海外の高級ブランド店が不況で銀座を去る一方、ユニクロなど低価格の流行衣料を提供する店が勢力を拡大しているのだ。
Designed by GALPOP blog + GALPOP.net + Powered by DTI blog
close