無料
エロ
動画
堺風俗情報 堺風俗検索 堺 風俗 エロ 情報 は堺風俗店のお店情報、風俗嬢のエロ女の子情報等 満載
森本、ローマ戦先発の可能性も
2010年02月21日(日) 21:41
セリエA・カターニアのFW森本が、21日のローマ戦(アウェー)に2試合連続で先発する可能性が出てきた。ミハイロビッチ監督は「何人かの選手は一定のチームと戦うと、ほぼ確実に点を決める。森本とローマがその例だ」と期待を込めた。
中国製品がパクリ賞受賞!パクリ製品展示館も=「やりすぎ」と反発も―ドイツ
2010年02月20日(土) 21:41
2010年2月18日、ドイツ紙ライニッシェポストは、フランクフルトで「パクリ賞」授賞式が開催されたと報じた。11の賞のうち、5つで中国製品が受賞した。20日、環球網が伝えた。

広東省広州市のホテルで確認された、ドイツ・ゾーリンゲン市の著名刃物ブランド「ツヴィリング・J.A.ヘンケルス」の商標とデザインをパクった刃物が特別賞を受賞したほか、4項目が賞を受賞している。
「話し上手だな〜」と思う有名人ベスト10
2010年02月19日(金) 23:47
プレゼン力を高めていくうえで、他者から学び取っていくことはとても大切ですよね。とはいえ、身近にプレゼン上手がいなかったらどうすればよいのでしょうか?いえいえ、ブラウン管の向こうにはそれを商売にしているプロが山のようにいます。では、テレビなどに出るような著名人の中でも、特にプレゼンがうまい人は誰なのでしょうか?

 以前、オールアバウト読者から「あなたが『この人は話し上手だな〜』と思う有名人は誰ですか?」というアンケートを実施しました。その回答を一挙公開します。

■第8位:所ジョージさん・小堺一機さん・阿川佐和子さん

 まずは所ジョージさん。

 「自分の話をし、そして人の話も上手に引き出し、嫌味がない(女性・40代)」
 「誰とでも上手に絡んでいるので(男性・30代)」
 「ウィットに富んでいて、しかも周りを嫌な気分にさせないので(女性・30代)」

 その他、安心して見ていられるといった意見が多数でした。所さんと言えば、肩の力が抜け切ったような雰囲気作りが絶妙ですね。だから対話相手も緊張が解けるし、お茶の間もリラックスして見ていられる。

 自然体といってしまえばそれまでですが、テレビで自然体を貫くのは、きっと至難の業。所さんは意図的に「自然体の雰囲気」を作り出しているんでしょうね。

 さて、同じく第8位は小堺一機さん。

 「聞き上手なひとはやはり話上手です!!(女性・20代)」
 「どんなゲストでも上手く話を引き出して、よどみなく面白く進行する気配りと話しっぷりにはいつも感心する。(女性・30代)」
 「究極の聞き上手。その上、打てば響く受け答え。こんな人はそういないと思います(女性・30代)」

 フジテレビの「ごきげんよう」を見てのコメントが多かったのでしょうか、「聞き上手!」というのが、圧倒的多数の意見。たしかに、人の話にうまくコメントをしたり、話を引き出すために適切な質問をしたりするのは難しいです。

 そして、3人目の第8位は、阿川佐和子さん。

 「どんな話題でも適度に冗談も入れながらスマートに話せるし聞き上手でもある素敵な女性だと思う(女性・30代)」
 「知的でユーモアもあり、話がくどくなく、オチもある。素敵です(女性・40代)」
 「短い間でもわかりやすく伝えることができる人だと思います。尊敬します(女性・30代)」

 女性からの投票の多かった阿川さん。コメントに「素敵だと思う」「尊敬している」といった、憧れを表現する言葉が多く含まれていました。話し方を含めて全方位的に「素敵な女性」を思わせているのかもしれませんね。

 あとは、ユーモアという表現も多かった。私は以前にフジでやっていた「スタ☆メン」のイメージが強いので、同じ感想ですね。それでいて、崩しすぎないというバランスが絶妙です。

■第6位:武田鉄矢さん・久本雅美さん

 同率6位の1人目は武田鉄矢さん。

 「金八先生の独特な解釈や話術に引き込まれます(女性・60代)」
 「金八先生の役柄のせいか、説得力がある(女性・40代)」
 「やはり金八先生の説得力で(女性・40代)」

 金八先生のイメージが強いのが、コメントからもひしひし伝わってきます。熱のこもった話し方は俳優・武田鉄矢としても同じように話されていますしね。一歩間違えると「暑苦しく、クドいおっさん」と捉えられ兼ねませんが、トークに情熱が必要だということを感じさせてくれますよね。

 そして、同率6位が久本雅美さん。

 「あの独特のまちゃみトークはかなり印象が強いですよね(女性・30代)」
 「臨機応変さは右に出る者なしだと思います(男性・30代)」
 「誰の邪魔もしない。若い人も年配の人にも上手に合わせる。ゲストの素顔の出し方が上手(女性・40代)」

 男性からも女性からもまんべんなく投票の多かった久本さん。「盛りあがる場をつくるのがうまい」という意見が多数です。自分アピールではなく、場全体のことを考えての雰囲気作りが、好感につながっているようです。

■第4位:みのもんたさん・小泉純一郎元首相

 みのもんたさんが、堂々の第4位。

 「自分の意見が言えるのが、いい所だと思います(女性・40代)」
 「感情をこめてしゃべるのが上手(女性・30代)」
 「トークがうまい(女性・40代)」

 「おもいっきりテレビ」や「朝ズバッ」などでの「みの節」が印象的なみのもんたさん。番組のタイトルにもあるように、思いっきり・ズバっと言いたいことを述べるところが、見ていて爽快感すら感じさせられます。

 なかなか、思ったことを口にできない人が多い現代だから、そんなみのさんを見てスッキリするのかもしれませんね。「自分の代わりに、よく言ってくれた!」と。プレゼン的に見ても、言いたいことが明確で、それを歯に衣着せずに言えば、わかりやすい表現になりますしね。

 同率4位が、小泉純一郎元総理。

 「話にインパクトがある(60代)」
 「言葉の使い方、息使い、いいまわし、説得力、インパクト、すべて一級。ひきつけられる。カリスマ的(女性・30代)」
 「短い言葉にいいたいことを凝縮できており、人の印象に残るような話し方ができている(女性・30代)」

 同率4位のみのもんたさんと同じく、ズバッと短い言葉で言い切るところが印象的な小泉元総理。その端的な表現方法が、強さとして受け取られます。

 特に貴乃花が優勝したときに送ったセリフ「痛みに耐えて、よく頑張った。感動した!」は、まさに短いながらもインパクトを残したセリフとして記憶に残っているのではないでしょうか?

■第3位:タモリさん

 「どんな年齢層の相手にも上手に合わせて話が出来、いつも感じが良くて好感度が高いので(女性・40代)」
 「どんな相手でも話を合わせられる(女性・30代)」
 「いろいろな話題があって楽しい(女性・30代)」

 タモリさんといえば、真っ先に思い出すのが「笑っていいとも」。テレホンショッキングのコーナーで、ほぼ毎日ちがうゲストとトークを行なっているところではないでしょうか?

 どうしてこれだけ、誰とでも話を合わせられるのか? その引き出しの多さには感動してしまいます。それと同時に、タモリさんの博識ぶりもすごいですよね。やはり、知識の広さが話題の広さになるということですね。

■第2位:明石家さんまさん

 「つっこみがうまいのに人が傷つかないぎりぎりラインをキープできるのがすごい(女性・20代)」
 「話しべたの素人もうまくおもしろくいじれるから (女性・30代)」
 「誰と話しても面白くなるし、会話が途切れない(女性・20代)」

 さんまさんも、司会としての活動が目立ちますね。「恋のから騒ぎ」とか、「さんま御殿」とか。さんまさんの司会っぷりを見ていて、「相手に対するフリ方がうまいな〜」と感心させられます。

 彼のすごいところは、さんまさん本人が面白いととられるフリ方ではなく、それに答えた相手が面白くなるように絶妙に振ってるんですよね。だから、それほど面白くない素人さんでも、面白く見えてしまう。まさに、さんまマジック!

■第1位:島田紳助さん

 「頭の回転や瞬間の切り替えしなど、めちゃ早い(男性・30代)」
 「いろいろな言い回しで表現をするので聞いていて飽きないです(女性・30代)」
 「相手を比較的不快にさせずにおもしろおかしく表現でき、話題の範囲も広い(男性・40代)」

 堂々の1位は、島田紳助さんでした。面白かったところは、1位の紳助さんに関しては票を入れている方でも、彼自身の対しての評価は賛否両論なんですね。相手をオトして笑いをとるスタイルですから、それを「面白い」ととる人もいれば、「不快だ」と感じる人もということでしょう。やはり、人をオトして笑いをとるのは諸刃の剣ですね。

 しかし一方で、そういうスタイルにネガティブな印象を持つ人にすら票を入れさせるトーク力は超一流だとも言えるでしょう。特に私は、彼は「たとえの天才」だと思います。

■ガイドからの総評

 今回のアンケートの結果は非常に興味深いものでした。ベスト10のうち過半数がお笑い系の方(トップ3は全員お笑い)。

 これは、やはりコミュニケーションにおいて、いかにユーモアが大切かということを物語っていると感じさせられます。相手を説得するのには、笑いを通じて“心”を動かしてもらうことが必要。

 「理動という言葉はないが、感動という言葉はある」どこかで聞いたメッセージですが、まさにその通り。理屈ではなく、まずは感情を動かしてもらうことからなんですね。トップ10の方々は、それぞれ特徴のある方々。自分が手本にしたいと思うモデルもいたのではないでしょうか?
眞鍋かをり、事務所訴える「屈辱的な思い」
2010年02月18日(木) 23:48
タレント、眞鍋かをり(28)が、脱税事件で逮捕された元所属事務所「アバンギャルド」(現・市エステートコーポレーション)や現事務所「アヴィラ」に契約解除を求める訴訟を東京地裁に起こしていたことが18日、分かった。




 眞鍋は訴状で「脱税事件の関係先として(事務所名義の)自宅を家宅捜索され、屈辱的な思いをした。自分の名前を含む形で事件報道され、名誉を傷つけられた」と主張。事情聴取が行われたことも明かした。



 「アバンギャルド」の社長、牧野昌哉被告(45)は昨年8月、3億4500万円の脱税で逮捕された。眞鍋は一昨年3月、同社関連事務所「アヴィラ」に移籍したが、その際、契約書は交わしていないとし、契約解除を求めた。眞鍋は6日のイベントをドタキャンし、レギュラー番組の出演を控えていることが発覚。事務所とのトラブルが原因と見られていた。



ソニー、有機ELテレビ国内販売撤退の報道受けコメント--技術開発は継続
2010年02月17日(水) 03:09
2月16日、ソニーが次世代ディスプレイ有機ELテレビの国内販売から撤退すると一部のメディアが報じた。国内で販売されている11型の有機ELテレビ「XEL-1」はすでに生産終了となっている。 ソニーでは「青少年ネット規制法により、有害サイトのフィルタリング機能を持たない製品は、2010年4月以降の出荷が認められないということを受けてのもの。XEL-1は2007年12月発売で、これに対応しておらず、今回は生産完了という形で対応している」とした。
マルウェアが原因か!Windows修正パッチ後に起動せず
2010年02月16日(火) 03:09
マイクロソフトが2010年2月10日に公開した2月の月例セキュリティ更新プログラム(修正パッチ)「MS10-015」を適用した一部の機種において、画面がブルースクリーンになり、Windowsが起動しない不具合が発生していることが明らかとなった。これまでの調査では、システム上のマルウェアがこの動作を引き起こすことが分かっている。その他の原因等の詳細については調査中だが、追って報告される予定。
日本人女優の“米国流出”が加速する
2010年02月14日(日) 21:00
松田聖子、竹内結子が人気ドラマに出演して話題

 竹内結子に続いて、松田聖子が米ドラマに出演することになり、有名女優たちの“米国進出”が注目を集めている。

 竹内は昨年11月に全米で放送された人気ドラマ「フラッシュフォワード」(ABC)の第7話に出た。再出演も決まっている。そして聖子は高視聴率のドラマ「BONES」(フォックス)の「シーズン5」に出演する。竹内が米国に進出するのは初めてだが、聖子はハリウッド映画「アルマゲドン」で経験済みである。

 2人以外にも日本人女優が米国ドラマや映画に出るケースが目立つ。小雪の「ラスト・サムライ」(03年)あたりから盛り上がりを見せ、栗山千明「キル・ビル」(同)、桃井かおり「SAYURI」(05年)、菊地凛子「バベル」(06年)、田村英里子「ドラゴンボール EVOLUTION」(09年)などがよく知られている。

 それにしても、なぜ女優勢の米国流出が続くのか。ひとつはCM獲得を前提とする、ライバル女優との差別化戦略が挙げられよう。

 日本のテレビドラマは視聴率が取りづらくなっている。加えて制作費も削られてスケールも小さくなり、女優の商品価値を落としているとの指摘もある。仮に1作品(10回放送)に主役で出ても、ギャラは2000万円前後とそれほど高額とはいえない。それに視聴率が悪いと批判されてしまう。

 それなら、米国のドラマや映画に出てハクをつけ、割高なCM獲得につなげた方がビジネス的には有利だ。

 また、米国で製作する側のメリットも少なくない。日本人女優の出た映画やDVDは米国内はもとよりアジアやヨーロッパで売りやすい。脱げばさらに売れ行きに拍車がかかる。この副次収入がバカにならないのだ。

 日本人女優の米国進出は新たな“金脈”として定着していきそうだ。

Designed by GALPOP blog + GALPOP.net + Powered by DTI blog
close