無料
エロ
動画
堺風俗情報 堺風俗検索 堺 風俗 エロ 情報 は堺風俗店のお店情報、風俗嬢のエロ女の子情報等 満載
スタジオジブリはこれから先も3D映画は作らない!?広報部長が明かす2Dに込めた思い
2010年08月30日(月) 01:59
9月9日から海外進出第1弾として、韓国での公開が決まった映画『借りぐらしのアリエッティ』も好調のスタジオオブリだが、西岡純一広報部長が自身のブログで、「スタジオジブリはこれからも2D作品を作っていくことになるんじゃないかと思います」と3D映画は作らず、2D映画を貫く意志を明かした。

 21日、韓国での公開に先駆け、韓国の40以上のメディア向けに、米林宏昌監督と鈴木敏夫プロデューサーが出席しての会見を行ったというスタジオジブリ。韓国では、4D映画というイスが揺れたり、風が来たり、水が飛んできたりといった遊園地のアトラクションではわたしたち日本人にもおなじみの映画鑑賞スタイルが、普通の映画館でも流行り出していると話した西岡部長は、そんな韓国からやって来た記者たちの「ジブリで3D作品は作らないんですか?」という質問に答える形で、「ジブリで3D作品は作られるのか!?」と題してブログを更新した。

 まずは、韓国メディアの質問に鈴木プロデューサーが「ジブリは2Dをずっとやっていく。3Dは今のところやる予定はありません」と答えていたことを明かした西岡部長。「2Dで表現したものの中からいろんな空想を膨らませて映画の世界を体感してほしい」「2Dの技術の表現方法の中で、いかにして立体的に世界観を広げて見せられるかというのが、スタジオジブリとしての長年のテーマだし、宮崎(駿)監督、高畑(勲)監督がアニメーションを始めたころから追い求めている表現を感じられたらというのがジブリが目指している道」と2D映画に込められたスタジオジブリの思いを熱く語った。

 そして、最後は「スタジオジブリはこれからも2D作品を作っていくことになるんじゃないかと思います」とブログを結んだ西岡部長。スタジオジブリが作る3D映画も観てみたい気もするが、2Dを貫き通すところがスタジオジブリだとファンも納得? 日本よりも3D映画が台頭しているという韓国人に、「映像が美しい!」と感嘆の声を上げさせたスタジオジブリの2D映画は、どんなに世界で3D映画が主流になろうと、その映像の美しさで、わたしたちに感動を与え続けてくれるのかもしれない。

スタジオジブリ最新映画『借りぐらしのアリエッティ』は全国公開中
ドンキ「ロリータ服」にパクリ疑惑 謝罪して販売は中止
2010年08月28日(土) 01:11
量販店ドン・キホーテが販売していたコスチューム衣装が、他社製品に類似していたとして販売中止となった。ネット上では発売直後から指摘されていたもので、同社は2010年8月25日に謝罪文を掲載した。

同社は15日にオリジナルのコスプレ衣装シリーズ「COSU MODE POWER」という商品を発売した。

「誤解招きかねないデザイン」と謝罪
この日、テリー伊藤さんがプロデュースを担当したイベント、「Best of COSU MODE POWER 2010」が都内で開催された。テリーさんのほか、アイドルグループAKB48のメンバーやタレントの熊田曜子さん、はるな愛さんら芸能人が多数出演、新聞などでも取り上げられ、話題となった。

しかし、発売数日後の8月18日ごろ、「COSU MODE」シリーズのうち、フリルや大きいリボンのついた「ロリータ服」の少なくとも3点が「パクリではないか」という指摘がネット上に出た。検証ブログも登場し、画像比較が行われているが、確かにいずれの商品も全体のラインや柄が他社の製品に酷似している。

こうした指摘を受けてドン・キホーテは「『COSU MODE POWER』商品に関するお知らせ」という文章を公式HPに掲載した。

この商品シリーズの一部に「他社製品と類似という誤解を招きかねない、意匠・デザイン」があったとし、「お客さまにこのようなご懸念を抱かせてしまいましたことを、深くお詫びいたします」と謝罪している。

「意図的に似せたわけではありません」
同社は27日にもリリース文を発表した。「COSU MODE POWER」シリーズ30点のうち、15点を販売中止。商品のデザイン・製作に至った経緯を社内で調査した上で、デザインを検討・開発し直し、再発売を目指すとしている。

同社広報室によると、似ていると指摘されたのは数点だが、「これ以上の誤解を招かないよう」同じロリータ系の服15点の販売を中止することにした。担当者は、J-CASTニュースの取材に対し、

「ロリータ系の服には、普遍的なデザインがあります。意図的に似せたわけではありませんが、ただ、似ていると言われれば似ているというのも事実。お客様にも不愉快な思いをさせてしまいましたし、企業として誠実に対応するためにも、一度販売を見合わせることにしました」
と話す。販売を見合わせる15商品はECサイトでのみ注文を受け付けていたが、全注文をキャンセル。市場には1つも出ていないという。

「小胸アイドル」レイニー・ヤン、ウーズン効果で「Cカップ」へ―台北市
2010年08月22日(日) 13:01
2010年8月20日、人気アイドルのレイニー・ヤン(楊丞琳)が、美容ドリンクのPRイベントに出席。激太りについて語った。成報が伝えた。現在は新ドラマ「陽光天使」の撮影真っ最中。スリム体型で知られるが、このところ顔と体が目立ってふっくらしている。すべてはドラマの相手役で、人気ユニットのフェイルンハイ(飛輪海)のウーズン(呉尊)のせいだという。
「おバカ」なパリ娘2人、胸露出して現金奪い逮捕
2010年08月21日(土) 22:06
パリで10代の少女2人が、現金自動預払機(ATM)の利用客に胸を露出して、気をそらしたすきに現金を奪ったとして警察に逮捕された。

警察によると、逮捕された14歳の少女2人はパリ検察当局に身柄を送られ、共犯の12歳の少女は自宅へ帰されたという。

14歳の2人はこのほど、同市6区のATMで現金を引き出していた男性の鼻に新聞を突き出し、現金を奪おうとして失敗。1人がシャツの胸元を開けて男性の股をつかみ、そのすきにもう1人が現金300ユーロ(約3万3000円)を奪い逃走した疑い。

2人はこの数日後にも、12歳の少女と一緒に同じ方法で女性から500ユーロを奪ったという。

iPhone、ウイルス感染で勝手に電話の恐れ
2010年08月15日(日) 14:28
高機能端末「iPhone(アイフォーン)」や「iPad(アイパッド)」でインターネットの一部サイトを見ると、コンピューターウイルスに感染し、何者かに勝手に電話をかけられたり、端末内のデータを見られたりする恐れがあることが分かった。

 搭載している基本ソフトウエア「iOS」に問題があったためで、セキュリティー会社などは注意を呼び掛けている。

 ネットセキュリティー会社「ラック」(東京)によると、iPhoneなどで海外のあるサイトを閲覧するとウイルスに感染。感染したiPhoneは、第三者のパソコンで自由に操られ、勝手に電話をかけられたり、保存している写真やメールを見られたりするという。同社では、「サイトを見るだけで情報が抜き取られるウイルスは普通のパソコンでもあったが、通話機能などのあるiPhoneの場合、通話内容を盗聴されるなど、よりプライバシーの高い情報が奪われる可能性がある」としている。
永岡真実
2010年08月14日(土) 14:29
永岡真実

TBS系ドラマ『愛の劇場・大好き! 五つ子Go!!』シリーズでお馴染みの清純派女優・永岡真実が貴方を誘惑。"清楚なのに巨乳"というアンバランスさが堪らない真実の魅力を堪能せよ

え6577い89768うちゅ

メンバーが大号泣......KAT-TUN初の海外公演でファンの"想い"が爆発
2010年08月09日(月) 20:05
本物の馬が登場する奇抜な演出など、アリーナツアーからさらにスケールを拡大して展開中の『KAT-TUN WORLD BIG TOUR』。東京ドームからスタートし、8月6日、7日には初の海外公演となるソウル・オリンピック公園体操競技場で新たなる幕が開いた。

 東京ドーム公演中に赤西仁脱退の発表がなされるなど、ゴタゴタ感が拭えないままのツアー続行に、落ち着かない思いを抱くファンも多かったよう。そんな不安定な状況を象徴するかのように、公演1週間前になってジャニーズ事務所から日本のファンに向けたチケット発売情報が案内されるなど、異例の事態も起きていた。現地でのチケット発売時には「即完売!」と報じられていた本公演だったが、実際、最大収容人数1万5,000人の会場は後方を中心に空席が目立つ状態だったという。

ワールドツアーの海外初上陸としては、なんとも不穏な幕開けになってしまった韓国公演。しかしそんな中、日本から駆けつけたファンが目にしたのは、不安を吹き飛ばすような現地ファンの熱い"想い"だった。

「席についたら、『一生ついて行くよ』って白い文字がプリントされたA4サイズの水色の紙が置いてあったんです。それと一緒に日本語、英語、中国語、韓国語で『KAT-TUNは、今大変な時期にあります。KAT-TUNを応援するために「PROMISE SONG」で、この紙を出して応援しましょう』って書かれた案内も置いてあって。誰の発案か分からないけど、気持ちは同じだったんでもちろん異存はありませんでした」(コンサートに参加した20代の日本女性)

 『PROMISE SONG』は、東京ドーム公演ではセットリストのラストに位置していた曲だった。今回、韓国ではセットリストが変わり、公演ラストの曲は『僕らの街で』だったのだが、会場のファンは予定通りいっせいに「一生ついて行くよ」の紙を掲げた。予想もしていなかったサプライズ演出に、メンバーは一様に驚きを隠せなかったという。

「じゅんの(田口)なんて号泣しちゃって大変でした(笑)。カメ(亀梨)もグッときたみたいで涙をこらえてるふうだったし、聖(田中)も下を向いてましたね。中丸とたっちゃん(上田)はファンから紙をもらって一緒に掲げながら歌ってて......会場全体があたたかい空気に包まれて、本当に感動しました。韓国公演に行ってよかったです!」(同前)

 一部情報によると、このサプライズは現地の大規模なKAT-TUNのファンコミュニティーを中心に、韓国と日本の有志ファンが5月から募金を募るなどして実現させたものだそう。ボード類の持込禁止など、コンサート規制が厳しい日本では、開演前の座席に紙を配るといった行為は現実的に難しそうだ。そういった事情を考えると、この演出は海外ならではのサプライズといえるかもしれない。

 最後の挨拶では、「初の海外公演が韓国で本当にうれしいです。一生みなさんを連れていきます!」と、感激を隠さずに宣言した亀梨。

 さらに2日目にはアンコール曲『SMILE』の際に会場が青いペンライトで埋め尽くされ、ダブルアンコール曲『Going!』では「KAT-TUNで幸せ」と韓国語と日本語で書かれた紙飛行機が飛ばされるというサプライズが、またもファンの手によって成し遂げられた。前日に引き続いての思わぬ感動の行為に、ファン以上に不安を抱いていただろうメンバーも、きっと吹っ切れたに違いない。

 ちなみに、日本のファンを対象とした公式ツアーの"ファンの集い"ではメンバー全員と参加者での記念写真が行われたり、7日の公演では4回ものアンコールで盛り上がるなど、終始ファンサービスたっぷりだったというKAT-TUN。海外のファンから熱い"想い"を受け取った5人、次の大阪公演ではどのようなステージを見せてくれるのだろうか。
Designed by GALPOP blog + GALPOP.net + Powered by DTI blog
close