無料
エロ
動画
堺風俗情報 堺風俗検索 堺 風俗 エロ 情報 は堺風俗店のお店情報、風俗嬢のエロ女の子情報等 満載
AKB48前田敦子にドラマ『Q10』撮影現場から聞こえる悪評の数々!!
2010年10月31日(日) 13:04
佐藤健とのダブル主演ドラマ『Q10』(日本テレビ系)の初回視聴率が15.3%と好発進したAKB48・前田敦子。1話放送後には、前田のブログに「ロボ語もかわゆす♪」といった絶賛コメントが2万件超も書き込まれるなど大好評だ。しかし、ドラマ関係者曰く現場の雰囲気は最悪だという。


「日テレのドラマはクランクインが遅い作品が多いのですが、この『Q10』も9月末に1話を撮り始めるなど、最初からタイトなスケジュールで進行しているんです。その上、前田が台詞を覚えてこないため予定が狂いまくり。現場スタッフは頭を抱えていますよ」(日本テレビ関係者)

 また、1話の視聴率がフジテレビの看板ドラマ枠・月9の『流れ星』(竹野内豊、上戸彩主演)より高かったことも、前田をさらに天狗にさせているという。

「彼女のミスは最初から多かったのですが、1話目の視聴率が発表されて以降"誰のおかげで高視聴率取れていると思っているの?"といった態度で、余計に台詞を覚えてこなくなった。前田には演技面で期待していないからロボット役で台詞を少なく設定したのに、想定外の出来なさっぷりですからね(苦笑)。前田のせいで拘束時間が予定より長くなるため、他の生徒役やスタッフの間でブーイングが起きていますよ」(プロダクション関係者)

 ところが、2話目の視聴率は10.2%と急降下。ゴールデンタイムに放送されているドラマでは、下から数えたほうが早い状態になってしまった。第3話では一桁台に落ち込む可能性も高い。普通、視聴率が下がると現場の雰囲気は悪くなるがこのドラマに限って言えば半々だという。

「スタッフの中には"これで二度と前田主演でドラマをやろうという声がなくなるな(笑)"と喜んでいる人も多いですね。"この視聴率で前田に振り回されるのは勘弁"という声もありますけど。とにかくドラマ業界で前田の悪評は広まってしまっているため、AKB48ブームの去ったあとに仕事をお願いしようというドラマ関係者はいないでしょう」(ドラマ関係者)

 以前から、同じAKBの中でも"格下"のメンバーには冷たくあたるなど、性格の悪さを指摘されていた前田。国民的アイドルグループのエースも、性格は全然キュートじゃない?

れy3634645757urturtu

デリヘル De 検索
2010年10月30日(土) 23:09
デリヘル De 検索 http://deriken.s1.freexy.net/
田中麗奈
2010年10月29日(金) 23:13
ほしのあきの豊満な胸にFly! 最新おもちゃは“確信犯”!?
2010年10月28日(木) 07:09
10月27日(水)、バンダイの新商品「X-FLyer」の発表会が行われ、タレント・ほしのあきさんと、マジシャン・Mr.マリックさんが登場。“手で触れずに空中に浮く”というユニークな同商品をほしのさんが操ると、なぜか胸に飛び込んでくるという、超うらやましい(!?)おもちゃの登場に、会場は騒然となった。

同商品は、プロペラが回転して空中で浮遊するおもちゃ。手をかざすだけで、手に触れずして上に高く上がっていくので、自由自在に空中での飛行を操ることができる、というユニークなものだ。

早速試したほしのさん。高く上がったX-FLyerが降りてくると、まずは手を近づける。すると、再び高く上に上がった。手だけじゃなく足やお尻、さらにはセクシーポーズを近づけてみても、またまた上に上がっていき、その高性能ぶりに報道陣も驚いている様子。そして、ついにほしのさんの自慢の胸を近づけると、それまで何度も高く上がっていたX-FLYerは、なぜか狙ったかのように、ほしのさんの豊満な胸に激突! 人に触れずして上に上がっていくX-FLYerも、ほしのさんの胸を前にすると、見過ごせなかったようだ。

一方、“ハンドパワー”の格好で挑戦したMr.マリックさんは、さすがに“マジシャン”なだけあって、自由自在に操り、スムーズな動きを見せつけた。しかし、この高性能なX-FLyerを、「これがあったら、マジシャンは失業しちゃいますよ。だって、支えがないように見せる技を習得するのに、マジシャンは15年かかってるんですよ。なのにこれは、誰でも空中に浮かせられる。マジシャンにはショックが大きいですね(笑)」とジョーク交じりに紹介し、会場の笑いをとった。

また、この日、X-FLyerを髪飾りとして着けていたほしのさんだったが、報道陣から「お似合いですね」といわれると、マリックさんは「えぇ!それだったの?気付かなかったよ」と、おもちゃの髪飾りにはじめて気付いた様子。ほしのさんに「胸ばっかり見てたんじゃないですかー! サングラスだから、どこ見てるかわからないですからね」と笑顔で言われると、マリックさんは顔を赤らめてたじろぐ、という楽しい雰囲気で、会見は終了した。

アメリカで100万個も販売されたという人気のおもちゃ「X-FLyer」。家族で、友人同士で、一人でも楽しめる新しいおもちゃなので、チェックしてみては? 
大阪デリヘル
2010年10月27日(水) 07:10
大阪デリヘル De 検索 http://ken4649.kir.jp/deri_o/
<オペラ座の怪人>劇団四季の同役キャストが映画版吹き替え 「金曜ロードショー」特別版
2010年10月23日(土) 08:17
 12月17日に「金曜ロードショー」(日本テレビ系)で放送される米ミュージカル映画「オペラ座の怪人」の日本語吹き替えを、劇団四季の浅利慶太代表が監修し、公演中の舞台版で同じ役を務めている高井治さんら同劇団の俳優陣が務めることが明らかになった。同映画は、DVDにも吹き替え版は収録されていないため、今回が初の日本語吹き替えで、劇団四季が吹き替えを担当するのは96年の劇場版アニメ「ノートルダムの鐘」以来となる。

 「オペラ座の怪人」は、ガストン・ルルーの同名小説が原作で、たびたび映画、舞台化されている人気作。19世紀のパリ・オペラ座を舞台に、謎の人物「ファントム」と、「ファントム」が思いを寄せる若手女優のクリスティーヌ、幼なじみのラウル子爵が織りなす悲劇で、今回放送される映画版は、舞台版を手がけた作曲家のアンドリュー・ロイド・ウェバーさんが脚本を手がけ、ジェラルド・バトラーさんが「ファントム」、エミー・ロッサムさんがクリスティーヌを演じ04年に製作。日本でも興行収入42億円のヒットを記録した。

 劇団四季は88年から「オペラ座の怪人」の公演をスタート。09年12月には日本通算5000回を達成し、観客動員数も500万人を突破している同劇団の代表作となっている。今回の吹き替えにあたっては、「ファントム」を高井さん、クリスティーヌを沼尾みゆきさん、ラウルを佐野正幸さんと、上演中の名古屋公演にもキャスティングされている俳優陣が担当し、他の登場人物の声も同劇団のメンバーが務める。
スタイリッシュツアー 九州
2010年10月22日(金) 08:17
スタイリッシュツアー 九州 http://stk.ehoh.net/
Designed by GALPOP blog + GALPOP.net + Powered by DTI blog
close