無料
エロ
動画
堺風俗情報 堺風俗検索 堺 風俗 エロ 情報 は堺風俗店のお店情報、風俗嬢のエロ女の子情報等 満載
布川敏和、薬丸裕英と「30年目にして初のツーショット
2011年04月30日(土) 00:26
タレントの布川敏和の自宅を、かつてともに「シブがき隊」で活動した薬丸裕英が訪問した。布川のブログには、出会って30年目にして初めてだという、2人のツーショット写真が掲載されている。





5月4日(2011年)放送予定のTBS「ファミ☆ピョン」の収録のため、布川の家にやってきた薬丸。シブがき隊のメンバーは解散以来、数えるほどしか接点がなく、布川自身「まさか薬丸クンが、我が家に来るなんて有り得ないと思ってた」という。



「ヤックンと、何を話したらいいのか解らず、気まずい雰囲気になるかも?」と心配していた布川だったが、いざ会ってみると「昔の想いで話から、お互いの現在状況の話まで〜 話の花が咲き乱れ状態でやんした!」とのことで、収録終了後も夜中の12時過ぎまで酒をくみ交わした。



この日、2人は初めて携帯の電話番号とメールアドレスを交換。後日、薬丸からは「楽しかったよ! また、ゆっくりやろう!」というメールが届き、布川も「これを機会に、またプライベートでも会おう!」と返信。いつかはシブがき隊のもう1人、「赤い衣装の彼」も交えて3人で……と願望を抱いていた。
自殺した田中実さんは「ウルトラマンゾフィー」を演じ、子どもたちのヒーローだった.
2011年04月28日(木) 07:02
4月25日、俳優の田中実さんが都内マンションの自宅で首つり自殺しているのが発見された。

 NHKの連続ドラマ小説『凛々と』で史上2人目(当時)の男性主人公を演じ、その高い演技力を買われCMや2時間ドラマでは常に売れっ子のひとりであった。

 また田中さんは、2006年に放送されたウルトラマンシリーズ『ウルトラマンメビウス』で主人公の属する防衛隊の隊長役を演じ、子どもたちにも人気が高かった。

 田中さんが『ウルトラマンメビウス』で演じたのは、ミステリアスな隊長、サコミズ・シンゴ。サコミズは1940年代の生まれであるが、宇宙勤務の「ウラシマ効果」によって年齢が止まってしまい、若い姿のまま2000年代に帰ってきた男だ。

 なお、サコミズは『ウルトラマンメビウス』の最終回で、ウルトラ兄弟の長兄であるゾフィーと一体化しメビウスと共に戦った「ウルトラマンの人間体」でもあった。

 そう、田中さんはウルトラマンの人間体を演じた俳優だったのだ。

 ウルトラマンの人間体を演じた俳優といえば、かつては黒部進や篠田三郎、最近ではつるの剛士、杉浦太陽が有名であり、物故者はまだいないように思われている。

 しかし、実は田中さんの前にも亡くなったウルトラマン役者はいるのだ。それは奇しくも田中さんと同じゾフィー役を演じていた往年の名優、竜崎勝である。

 竜崎勝はフリーアナの高島彩の父親としても有名であるが、知的な風貌と美声で大人気の二枚目俳優だった。彼は「ウルトラマンタロウ」でゾフィーと一体化する博士という役柄で出演し、たった2回の出演ではあるが圧倒的な存在感を見せていた。

 ちなみに竜崎勝は、田中さんと同じ年齢の44才で、肝硬変のためこの世を去っている
マクドナルドで女同士の暴行事件発生! その一部始終のビデオ動画.
2011年04月27日(水) 02:59
マクドナルドの店内で、とんでもない事件が発生した。女性同士でキャットファイトのような乱闘がはじまり、複数の女性がひとりの女性をリンチするかのごとく暴行。その一部始終がビデオカメラで撮影され、インターネット上に公開されているのだ。

マクドナルドの店内には女性の髪の毛が散らばり、執拗に繰り返された暴行の凄まじさが見てとれる。暴行を受けた女性は顔面や頭部を強烈に殴られたり蹴られたりし、最終的に痙攣(けいれん)して意識が朦朧(もうろう)となってしまった。

この暴行事件が発生したのはアメリカ合衆国メリーランド州ボルチモアのマクドナルド。深夜なのか店内には女性たちしか客がおらず、マクドナルドがプロレスのリングのような状態となり、ひとりの女性を複数の女性がリンチ攻撃。店員がそのケンカを隠し撮りしていたのだ。

リンチを受けた女性は途中から戦意を喪失し、殴られ放題・蹴られ放題な状態となっている。当初、マクドナルドの店員はそのケンカを遠くから見ていた。途中からひとりの店員が止めに入ったものの、女性たちはマクドナルド店員を完全無視。

マクドナルドの入り口に店長らしき人物が現れ、ようやくケンカが収まりかけたが時はすでに遅し。女性は痙攣状態となり、ビクンビクンと震える状態になっていた。どうやら命は助かったようだが、ことの原因は複雑だ。

それは被害を受けた女性がトランスジェンダー(性同一性障害)であったこと。そして、この女性が女子トイレを使おうとしたところを、加害者である女性2人が「あなたは男でしょう!」と暴行したのである。なお、加害者女性2人はその後逮捕。動画を撮影、アップロードしたマクドナルドのスタッフも即時解雇されたとのことだ。

福岡 デリヘル
2011年04月26日(火) 22:25
九州 福岡 デリヘル King Derihel

http://kingderik.s1.freexy.net/
堺デリヘル
2011年04月25日(月) 22:26
ウェブ検索 と 登録 は SEO対策 サーチエンジン『 堺デリヘル De 検索 』
http://ken4649.kir.jp/deri_s/top.htm
驚異の高視聴率スタート! 大沢たかおの肩にプレッシャーはないのか。 『JIN -仁-』
2011年04月24日(日) 19:34
今日の【ドラマの見どころ!】は、大沢たかお、綾瀬はるか主演の日曜劇場『JIN -仁-』(TBS系)。2009年の年末、ものすごく中途半端で後味の悪い終わり方をした大江戸タイムスリップ医療ドラマ『JIN -仁-』の続編。相変わらず薄味なのに存在感抜群の大沢たかお、綾瀬はるか他豪華キャストに胸躍る、今クール一番の目玉ドラマ。しかも第一期とはまた違った何かを警鐘する、なかなか考えさせられる内容になっているわ。それにしても、飲酒&不倫疑惑のアノ人、龍馬役リストラされないで良かったわね。

 時を超え、南方仁(大沢たかお)が幕末の江戸時代に迷い込んでから、2年ほど経った。近頃、咲(綾瀬はるか)の様子がおかしく、心配した仁が咲の兄・橘恭太郎(小出恵介)にその理由を尋ねると、咲の母・栄(麻生祐未)が脚気であることを明かされる。見合いを壊した咲のせいで恭太郎の出世を阻まれ、生きる気力を失った栄は、脚気治療の食事療法を受けつけず、病状は悪くなるばかり。仁たちは栄の為にある秘策を思いつく。そんな時、京都から坂本龍馬(内野聖陽)がやって来て、勝海舟(小日向文世)の師である佐久間象山(市村正親)という人物を助けてほしいと頼まれるが…。

 かつて夏の化粧品キャンペンガールだった麻生祐未扮する栄の脚気治療の為に開発された、あんこを乗せたサツマイイモ味のドーナツ。これすごく美味しそうなんだけど、大量生産してTBSショップでおみやげ販売決定?それにしても脚気や盲腸で死んじゃうって、昔は大変だったのね。歴史部分は、『龍馬伝』で予備知識があったから分かりやすいんだけど、車中飲酒&不倫疑惑で、去年はさんざんだった内野聖陽。とにかくリストラされないでよかった。内野さん、これからは気をつけてよ!

 初回2時間スペシャル後半は、薩摩と長州のいざこざで火の海になってしまう京都の町が舞台。火傷を負って苦しむ子供や庶民を必死で救う仁のもとへ虫垂炎の西郷隆盛(藤本隆宏)を手術してほしいと言われ、仁は助ける命の順番を迫られる。当時には無かったペニシリンを培養し、高度な医療行為で歴史上の人物を助け、歴史を変えてしまうのではないかと悩む仁。しかし、仁と同じような体験をした医師の佐久間象山(市村正親)の言葉により、救える命は救うと心に誓う。歴史とフィクションを上手くつなぎ合わせて、非常に飽きさせない展開で見せるヒット作の続編らしい上出来ぶり。視聴率がいいのもうなずけるわ。だけど驚異の20%越えでスタートしてしまっただけに、最後までこの勢いが維持できるかしら。仁先生同様、大沢たかおの肩にはすごいプレッシャーがかかっているわ。
プロ野球・JリーグのナイトゲームはNGなのに、東京ディズニーランドの夜間営業はなぜOK?.
2011年04月23日(土) 17:35
4月15日に夜間営業を自粛する形で再開したばかりの東京ディズニーランドが、早速23日から夜間営業(8時〜22時)もスタートし、ほぼ通常営業に戻る。電飾で人気のエレクトリカルパレードも復活する。また、もうひとつの施設である東京ディズニーシーは28日に夜間も含め再開(9時〜22時)。東日本大震災の発生以降、休園が続いていたディズニーリゾートは、震災後約1カ月半ぶりに全面再開となる。

 ここで、非常に気になるのは不足する電力の問題。両リゾートがフル稼働した場合、消費する電力は一般世帯の約5万7000世帯分ともいわれている。ディズニーリゾートが全面再開した場合、電力事情がひっ迫する恐れもあるのだ。運営するオリエンタルランドでは、トイレ、エレベーター、噴水などの付帯施設で節電に努め、エレクトリカルパレードは供給に余裕のある深夜電力を蓄電して賄うとしており、社会的な理解を得たい考え。また、一部電力は自家発電で賄うという。

 そこで、どうしても素通りできないのは、同じく大量の電力を消費するプロ野球やJリーグとの対比。震災で公式戦が休止となったJリーグは電力事情を鑑み、公式戦の再開日を4月23日とし、4月中の東京電力、東北電力管内でのナイトゲームを自粛するとした。

 一方、プロ野球パ・リーグは開幕日を3月25日から4月12日に延期。Jリーグにならい、4月中の両管内でのナイトゲームを自粛。ところが、開幕を急ぐセ・リーグは3・25開幕を目指したが、オカミ(政府)からダメ出し。4日ずらして、3月29日に節電開幕を強行しようとしたが、オカミの注意を受け断念。パと同様に4・12開幕、4月中の両管内でのナイトゲームを自粛及び東京ドームでの試合を行わないことで決着した。

 これを受けてか、Jリーグは5月中も両管内でのナイトゲームを行わないことを追加で決めた。東京ドームで試合を行った場合、3000〜4000の一般世帯分の電力を消費するといわれているが、ディズニーリゾートはその10倍強の電力を消費し、その比ではない。プロ野球やJリーグのナイトゲームがNGで、それらより電力を使うディズニーリゾートの夜間営業は、なぜOKなのか大いなる疑問が残る。オカミはセ・リーグのときのように、なぜクレームを付けないのかナゾだ。

 「オリエンタルランドの作戦勝ちでしょう。タイミングが良かったというしかありません。節電対策も明確です。セ・リーグの開幕問題が紛糾した際は、電力事情もひっ迫し、計画停電の真っただ中でしたから、ナイトゲームや東京ド−ムでの試合など到底許されるものではありませんでした。その後、計画停電は中止、ここに来て供給電力量が増したことで、ディズニーリゾートの営業再開、全面復活にもクレームが入らなかったものと思います。それに、ディズニーリゾートは国民に非常に人気のあるテーマパークですから、海江田万里経済産業相も蓮舫節電啓発担当相も文句はいいたくなかったのでは。国民のヒールにはなりたくないですから」(ジャーナリストA氏)

 4月22日から予定されていたプロ野球の東京ドームでの巨人対中日3連戦は、代替球場が見つからず中止となった。現況なら、予定通り、東京ド−ムで開催しても何ら問題はなかったことになる。そのウラでは、東京ディズニーランドが夜間営業再開。なんとも、スッキリしない皮肉な事態ではあるが、まさに「タイミングが良かった」というしかない。
Designed by GALPOP blog + GALPOP.net + Powered by DTI blog
close